Withコロナと自分<スタッフの声>

シリーズ【コロナ禍と自分の仕事】その7

-スタッフTNの言葉- 営業自粛からの休業、 再開に向けての感染予防、 そして新たなテイクアウトとデリバリーの開始。 現場は大変と言う言葉では言い尽くせないほど「大混乱」でした。 世の中の自粛やStayHomeという 報

Read More »

シリーズ【コロナ禍と自分の仕事】その6

-管理職スタッフNSの言葉- 家庭で子供の口から「コロナウイルス」 という言葉が出てきてるのを聞くと深刻な状況だと改めて思い知らされます。 娘が幼稚園にも行けず、妻は子どもたちを何処にも連れて行けず、 自分に変わって毎日

Read More »

シリーズ【コロナ禍と自分の仕事】その5

-スタッフCOの言葉- 先ずは「自分の店から感染者を出さない」が頭の中でいっぱいでした。「第2波」はあると思います。 不安はありますが、今以上に感染防止対策をしていきたいと思います。 -スタッフTFの言葉- 今の自分に何

Read More »

シリーズ【コロナ禍と自分の仕事】その4

-管理職スタッフYUの言葉- 環境激変の中、 名取本店と長町店でのデリバリー導入と言う画期的な挑戦でした。 社員たちの変化に対応する力が備わっていた事を実感し、誇りに思えました。 あの東日本大震災から私達はピンチをチャン

Read More »

シリーズ【コロナ禍と自分の仕事】その3

-スタッフKIの言葉- 山形の実家に帰れず、この季節、山菜時期で毎年楽しみにしていたのですが食べれないのは残念です。 おふくろが一人で居るので心配ですが、今帰って一生会えなくるよりは、 何ヵ月か我慢して会いに行った方がい

Read More »

シリーズ【コロナ禍と自分の仕事】その2

-管理職スタッフNAの言葉- イートインとデリバリー、テイクアウトが今のキッチンで本当にやっていけるのか?… 正直不安は尽きません。 かなり大変だとは思います。 けれど、 先ずはやってみる、話し合う、改善しながらやるしか

Read More »

シリーズ【コロナ禍と自分の仕事】その1

『コロナ禍と自分の仕事』 コロナ禍がいよいよ対岸の火事ではなく自分たちに迫ってきたと感じたのは3月の後半ごろからでしょうか… そこから4月、そして5月。 宮城県は非常事態宣言は解除されたとはいえ、 ここからはWithコロ

Read More »

最近の投稿

=新米登場=

HACHI店内の黒板やメニューブックには「めだかっこ米」と自慢気に書かれています。

本当に自慢のお米なのです。

=閖上のHACHIおかげさまで一周年=

閖上のHACHI、おかげさまで明日10/3で一周年です。

名取市の施設、サイクルスポーツセンターも開業から一年です。
閖上の街の震災復興を象徴する施設、そして交流人口を促進する施設として期待された名取市サイクルスポーツセンター。私たちHACHIもそこに貢献するために出店をしました。

=第3のラーメン=

鶏塩中華そばハチ花乃、洋食レストランHACHIから生まれたラーメンとしてもうすぐ2年。県庁裏の目立たない路地でお昼は女性が列を作ることも多いラーメンは、「鶏塩淡麗」が一番人気。そして、コッテリ系ではない身体に優しいコラーゲンたっぷりの「濃厚鶏白湯」の二枚看板でした。
10月1日(金曜)いよいよ第3のラーメンが登場します。

=累計四万本=

9/13(月)の東日本放送のナマイキTVはHACHI長町店からナマ中継でした。コロナ禍、レストランの味をテイクアウトで楽しむ!と言う内容でした。レポーターさんもスタジオの本間ちゃんも驚いてくれたのがこれ。

各店舗