めだかっこ米稲刈り体験ツアー ~ご報告~

めだかっこ米稲刈り体験ツアー ~ご報告~

先日HACHIスタッフで栗原市稲刈り行ってきました。
HACHIで使用している「めだかっこ米」の収穫のお手伝いを通し農家のみなさんのお米作りに対する思いを感じてきた時間となりました。

稲刈り2016100802
めだかっこ米とは。。。

ご存知の方も多いのですが、念のため「めだかっこ米」ついて触れておきます。

HACHIがめだかっこ米を使う様になり8年目の新米の季節。
その出会いは、8年前、仙台市内のホテルで行われた大きな商談会。
食品メーカーの商談会慣れした営業マン達の中に、場違いなほど素朴で高齢な、
そして営業トークも説明資料も不足した人達がいました。
初めて商談会に参加した、志波姫のめだかっこ米生産者さん達でした。
決して説明が上手とは言えない彼らが訴えていたのが、なぜいまこのお米を育てているか?と言う想いでした。

このお米、めだかが棲めるほどの安心な環境でお米を育てています。
それは簡単ではありません。
その難しいことに取り組む理由は、生産者の皆さんがいよいよ老境にさしかかり、これまでの効率重視、
環境面軽視の農業を振り返って、孫や子どもたちが農業を自信持って引き継いでくれるためにも、
次の世代のことを今、真剣に考えれば考えるほど環境重視のお米を「今やらねば」の想いに駆られたことが契機との想いが込められていました。

稲刈り2016100803

作り手の想いを知る。。。

今回の稲刈りツアー参加メンバーにとっては、生産者の顔が見えて、田んぼやめだかの池、
小川などの環境を知り、誇らしげに掲示してあるこれまでのめだかっこ米の表彰状を眺め、
一緒に新米のお昼ご飯を食べて、彼ら作り手の想いが伝わりました。

稲刈り2016100801

今年の新米の美味しさとその想いを各店で伝えてまいります。

 

そして、この稲刈りツアーの様子が大崎タイムズでも取り上げられましたのでこちらもご紹介。

MX-4150FN_20161009_113238_0001

最近の投稿

=綺麗に美味しく=

伝票入れ?‥と間違えられますが
Trash 缶=くず入れです。

使い終わった紙おしぼりの袋。
お口を拭いたナプキン。
お食事中に出てしまうゴミ。

このTrash缶へ入れてください。

テーブルの上もより美味しい空間に 
と、HACHI各店で最近、始めてみました。

外食の時間は、ひとりでも、誰かとでも、
それがいつの日かの大切な思い出になる時間。

だから、テーブルの上もより美味しい空間でお楽しみいただきたいのです。

=6月限定のメニューをご紹介!=

レストランHACHIには1ヶ月限定で登場するメニューがあります。

HACHI名取本店には既に40年近い歴史の名物企画の
「月替りハンバーグ」があります。

創業者から伝わる、そしてニッポンの洋食の原点と言える
「創意工夫」の精神はこうしたメニューからも育まれて来ました。

写真のように、本店以外の姉妹店でも1ヶ月限定で登場するメニューがあり、
厨房のメンバー達の研鑽の場になっています。

6月も力作揃いです♪

=HACHIが作ったワンちゃんのためのハンバーグ=

人とワンコの栄養士、梅田貴子先生監修のもと愛犬が安心して食べられるごちそうハンバーグです。
HACHI長町店、HACHI秋保温泉店で提供していて好評のワンちゃんのためのハンバーグ。

オンラインSHOPでも発売開始です。
なので、
全国の愛犬家の皆さまに向けてオススメします。

鶏肉の肉々しさも残しているのでワンちゃんが喜びます。
人肌くらいに温めて与えてあげるとさらにおいしくいただけますよ。

=高齢者向け住宅へHACHI=

仙台市若林区荒井にあるサービス付き高齢者向け住宅「アンダンチレジデンス」さんからお招きいただき、
同施設の利用者向けイベント『ハレノヒ御膳』
という企画でハチのハンバーグを提供して来ました。

施設側は利用者の「食の楽しみ」が特別な役割を果たすと言う考えであることと、
私たちレストランHACHIも高齢者向けメニューの開発を目指している中で想いが一致し、
スタッフが出張してHACHIのハンバーグを提供してきました。

利用者さまたちは月に一度の豪華な特別メニューを楽しみ
「本当に美味しかった!」「レストランにも食べに行きたい!」
そんな声や笑顔に包まれました。

入居者さんたちは、テラス席でビールで乾杯している方達や、
自分たちで作った梅酒を飲んで顔を赤らめている方もいらっしゃいました。
また利用者の家族の方も「HACHIなら参加したい!」と一緒に食事を楽しまれている姿もありました。

そんな様子が河北新報社からもご紹介されました。

各店舗