ビーフバラ焼き

ビーフバラ焼き

HACHI名取本店 店長の斉藤です。

いつもありがとうございます。

国産牛のバラ肉を適度な薄さ、独自のタレで焼き上げ、鉄板でジュウジュウと登場する。
11月からHACHI名取本店で『ビーフバラ焼き』という名前で登場しており、人気です。

実は新登場のメニューではなく再登場なのです。
HACHI創業者の角田昭八が創業当時、自分も大好きなメニューとして大切にしていました。

いつの間にかハンバーグ主体となったHACHIの中では消え去っていたメニューでした。
けれど、スタッフのまかないとして人気で、姉妹店のナポリタン専門店では
このビーフバラ焼きのタレをベースにしたジャポリタンと言うメニューも生まれています。

明治の文明開化以降、日本で独自の発展をしてきた「ニッポンの洋食屋」。
その昭和期は高価な牛肉をバターなどでソテーした、、
今で言う焼肉定食のようなものがハイカラなメニューでした。

ご飯と相性の良いのがニッポンの洋食の特徴。
ビーフバラ焼きのタレ、そこには
創業者の角田昭八が大切にしたニッポンの洋食屋らしさが現れています。

現在、HACHI名取本店でのみ「復活」しています。

 

最近の投稿

=仙台経済界でご紹介=

地元の経済専門誌「仙台経済界」が発行した季刊誌に社長の角田のインタビューが掲載されました。

コロナ禍によりどんな地域でも、どの業種でも苦しい一年余、少しでも明るくなる話題を特集した本でした。

= 夜9時まで =

長町のHACHI、お天気の良い日はテラス席から埋まります。ワンちゃんと一緒に食事も出来ます。営業時間も元通りになりました。

=新メニュー続々=

6月1日、メニューが新しくなりました。新メニューに期待してください!

=冷やし始まります=

お待たせしました、冷やし始まります!ハチ花乃今年の冷やし。鶏塩ベースの淡麗スープ。冷たいスープと極細麺。そして、そして。。。
レモン+柑橘系ジュレ!

各店舗