=味噌汁が42年目にして進化!=

=味噌汁が42年目にして進化!=

 

実は、この度…
なんと創業42年にして初めて、
レストランで提供している味噌汁を一新しました!!
ポイントは3つです。
1.合わせ味噌
2.天然だし
3.干し野菜の具材

少し長くなりますが「美味しい」話です、
最後までお付き合いください。

 ◇ ◇ ◇

1.合わせ味噌
HACHIのお味噌汁はヤマカノの「米こうじ味噌」でした。
これは 創業者角田昭八が HACHI創業前からこのお味噌を
評価していた時からのお付き合いです。
登米市のヤマカノ醸造さんはその歴史や品質に比べて
仙台市内での知名度や仙台市内で入手できる小売店が少なく、
以前から「この味噌を買いたい」というお客様の声がありました。


今回、創業42年にして初めてレストランで提供している
味噌汁を一新する事になったきっかけが写真のお味噌。

ヤマカノ醸造の最高級商品の「登穀味噌」のおいしさを再認識したからです。
お味噌の原料の全てを地元の登米市産の大豆と
お米に限定したこだわりの赤味噌です。

キッチンスタッフたちとの試食会で、従来の「米こうじ味噌」と
合わせ味噌を試すと味噌汁の美味しさが更に深まることを発見しました。

『合わせ味噌で行こう!』
8月からこの合わせ味噌が HACHI各店舗で始まることになりました。
創業42年目、初めて味噌汁が変わります。進化です!


2.サバとうるめのだし

写真は新しい味噌汁の試食会を行っている様子です。

味噌汁の主役、味噌。新しい合わせ味噌ならどんなだし?…
洋食屋らしい味噌汁に必要なだしは?

キッチンスタッフたちが模索しました。

塩分不使用、無添加にこだわる宮城県名取市の
だし製造元≪まるご食品≫さんにご相談。
「HACHIの味噌汁に合うだし」としてご提案いただただしが数種類。
それをブレンドし、HACHI各店キッチンチーフらと
試食を繰り返しました。


ヤマカノの「登穀味噌」「米こうじ味噌」の合わせ味噌を
引き立てるだしはコレだ!と選びました。
サバとうるめのだしを使用することになりました。
もちろん天然だしです。
≪まるご食品≫の濱口さん曰く「お味噌が主役、だしは脇役」の
通り主張し過ぎないだしを採用しました。


3.干し野菜の具材
今年の春、宮城県の推進する「農福連携」に協力したことが
きっかけで知り合った≪ゴリラファーム≫さん


農業法人における障がい者の就労支援、
それが「農業」と「福祉」の連携、農福連携です。
国が事業化を打ちだしてから5年と歴史が浅く、
まだ広く認知されていません。
そこで、私たちレストランHACHIで農福連携に取り組む
≪ゴリラファーム≫さんの商品を活用させていただく事になりました。


写真のように河北新報のニュースにもなりました。

仙台市泉区野村で障がい者の方々の就労訓練の場として
手間暇かけた作った有機野菜。廃棄をせずに「もったいない」と
「感謝」の思いで作ったのが野菜のドライ加工です。
干し野菜にすることで得られる野菜の甘み、旨味が特徴です。


新しい味噌汁の具材は≪ゴリラファーム≫さんの干し野菜を使用します。
写真はHACHI名取本店でそのお味噌汁、自分たちの育てた
干し野菜を堪能してくれた≪ゴリラファーム≫の皆さん。


 ◇ ◇ ◇

以上が、創業42年にして初めてレストランで提供している
味噌汁を一新する事になったいきさつです。。

最近の投稿

=カレーの初出荷=

先週からお伝えしてきました 新発売のHACHIの4種のカレー。おかげさまでたくさんのご注文をいただきました。今週分を無事に発送できました。「初出荷」ということはめでたいぞ!と社長が記念撮影を熱望したのでここでも投稿させていただきます。
(*^^*)

=再開できました=

緊急事態宣言発出により名取市サイクルスポーツセンターが休園となっておりましたが、本日9/13よりまん延防止等充填措置へと移行したことに伴い再開しました。姉妹店「閖上港食堂HACHI」も本日より営業再開とさせていただきました。

= 4種のカレーが新発売 =

お待たせしました。
9/13(月曜)10時から発売です。
HACHIの4種のカレー。
いずれもHACHIの姉妹店、閖上港食堂HACHIで好評のカレーです。

=オープンしました=

「MagoHachiKitchen」と名付けた新しい姉妹店。変わり続けることを約束する、がテーマの「変なホテル」
国内20番目のオープン、東北初の変なホテル。そんな場所にオープンできた私たちはそのホテルのコンセプトに刺激を受けました。そして、新しい時代に向けて変わり続けるHACHIとして挑戦しようと思ったのです。

各店舗