愛着のティラミス

愛着のティラミス

 HACHIに新しいスイーツが誕生しました。

その新しいスイーツ紹介シリーズ。
写真は「HACHIコーヒーのティラミス」

 ◇ ◇ ◇

社長や店長が『ティラミスって言葉は俺たち50歳~60歳の
人たちに響くんだよね』と話していることが気になりました。
私には無縁の歴史「バブルの時代」
ティラミスはそんな時代に日本中で大ブームだったそうですね。

けれどブームで終わらずに完全に日本人の
人気スイーツとして定着したティラミス。
現在50歳~60歳の人たちが良き思い出とともに
ティラミスを愛していることを知りました。

 ◇ ◇ ◇

昨年、地元の老舗コーヒー焙煎メーカー服部コーヒーさんと
のコラボで生まれたHACHIのオリジナル珈琲豆。
優しい酸味が特徴のシティロースト。

ティラミスの開発と聞いた時、僕は絶対この珈琲を
使って欲しいと提案しました。
入社の時、先輩社員さん達が服部コーヒーさんの皆さんと
オリジナル焙煎に挑んだ話を聞いていたことで
この珈琲に勝手に愛着を抱いていました。

ティラミスのポイントのチーズ。
岩手出身の私は宮城のチーズは何だろう?と
先輩に聞いてみるとみんなが蔵王チーズに
愛着をもっていることを知りました。

 ◇ ◇ ◇

そんな食材への愛着から試作を開始。
HACHIコーヒーの豆を程よく細かく挽くことや、
コーヒーの度合いはどこまで強くすべきか?…など、
試作を進めました。

食後に…というよりもカフェタイムや仕事中に
コーヒーと一緒に楽しみたくなる。
大人向けでよい。
そんな方向でレシピを仕上げました。

そして、酸味と甘みを自慢のHACHIコーヒーの
風味が程よく包み込む仕上がりとなりました。

 ◇ ◇ ◇

「HACHIコーヒーのティラミス」
僕たちの自信昨です!

あ。そうそう。
仙台三越地下の姉妹店
スパゲッチパーラーマルハチ。
この前の休みの日、日本一のナポリタンを食べてきました。

ここでもこのティラミスご提供中です。

(HACHIスイーツ開発チーム 駒木)

==※ご注意※==

5種類の新しいスイーツが楽しめる店舗は下記の3店舗です。

・レストランHACHI名取本店
・レストランハチ仙台駅店
・レストランハチ長町駅店

デリバリーサービスでは「洋食屋さんのなめらかプリン」
「HACHIのコーヒーティラミス」
「ベリーとヨーグルトのムース」の3種がご利用いただけます。

・レストランデリバリーHACHI
( 電話 0222689009 )

最近の投稿

=もうすぐ発売!=

大変お待たせいたしました。

お家でもHACHI、
レンジで温めるだけであのナポリタン。

パッケージも味もバージョンアップ!
新しくなった、
レストランHACHIのナポリタン〈冷凍〉

もうすぐ発売!
オンラインSHOPではお得な先行予約も受付中です。→ https://x.gd/IEnaE

(店頭の販売はもう少しお待ち下さい)

=今月もたくさんのスタッフのご利用に社長感涙=

ご家族、おともだちと、スタッフ同士で…
たくさんの笑顔の写真が集まりました(*^^*)

自分たちの働くお店に、
大切なご家族を招待する。
おともだちを連れてくる。
スタッフ同士で食べに来る。

今月も素敵な写真集まってきましたね。
と、社長に言うと、
「泣けてくるなぁ」
とホントにジーンときた顔をしていました。

スタッフも大切なお客様。
そしてスタッフ達は
「このメニュー美味しかったからお客さまにオススメしてみよう」
‥etc

食事を楽しみながら仕事のことも考えてくれています。
私も社長がジーンと来る気持ちがよくわかります。

=7月限定のメニューをご紹介!=

レストランHACHIには1ヶ月限定で登場するメニューがあります。

HACHI名取本店には既に40年近い歴史の名物企画の
「月替りハンバーグ」があります。

創業者から伝わる、そしてニッポンの洋食の原点と言える
「創意工夫」の精神はこうしたメニューからも育まれて来ました。

写真のように、本店以外の姉妹店でも1ヶ月限定で登場するメニューがあり、
厨房のメンバー達の研鑽の場になっています。

7月も力作揃いです♪

=テーブルセッティング=

並んでお待ちいただくお客さまから
「席空いてるのにダメなの?」
とご注意をいただくことがあります。

空いた席を片付けて、次のお客さまをお迎えするテーブルセッティング。

お待ちいただいているお客さまの気持ちも想像し、
お客さまをご案内する前に、
キチンと、気持ちよくお食事できる空間を整えてからお迎えしようと、
紙エプロン、ナイフとフォーク、お冷のグラス、そしてメニューブック。

そんなテーブルセッティングを、できるだけ早く整えられるよう心掛けています。

レストランでのお食事がいつの日かの大切な思い出になる。

そんな使命のためにも最善を尽くします。

各店舗