=歴史と積み重ね=

=歴史と積み重ね=

2011年東日本大震災で残念ながら閉店した姉妹店があります。
一番町と青葉通りの角のビルにあった「昭和洋食グリルHACHI」というお店です。
 
 
 

~番ブラがハイカラだったあの頃の洋食~
そんなキャッチコピーのレストランでした。
 

ご年配の仙台人なら響く「番ブラ」という言葉。
 
そんな世代に「ごちそう」として喜んでいただいた店のメニューはハンバーグはもちろん、ビフテキ、ハヤシライス、オムライス、ビーフシチュー…ニッポンの洋食たち。
 

店内では番ブラ寄席と題したエンタメを開催していました。
落語会、昭和仙台の8㎜映写会、チンドン屋ショー…etc
余談ですが当時落語会を開催したことがきっかけで私の次男は落語家春風亭与いちとなりました。
HACHIの歴史を振り返るととても大切な店でした。
 
 
グリルHACHIがきっかけでその後HACHIを代表するメニューとなったナポリタン。
2021年オープンした姉妹店マゴハチキッチンではオムライスが復活しました。
2022年はグリルHACHIの味を進化させて蔵王牛のビーフシチューが登場しました。
 

歴史や積み重ねてきてことを磨いていくと唯一無二の商品に成長します。
私たちHACHIはそんなメニュー開発を大切にしています。
 
 
 
レストランHACH代表 角田秀晴
 
 
 

最近の投稿

=もうすぐ発売!=

大変お待たせいたしました。

お家でもHACHI、
レンジで温めるだけであのナポリタン。

パッケージも味もバージョンアップ!
新しくなった、
レストランHACHIのナポリタン〈冷凍〉

もうすぐ発売!
オンラインSHOPではお得な先行予約も受付中です。→ https://x.gd/IEnaE

(店頭の販売はもう少しお待ち下さい)

=今月もたくさんのスタッフのご利用に社長感涙=

ご家族、おともだちと、スタッフ同士で…
たくさんの笑顔の写真が集まりました(*^^*)

自分たちの働くお店に、
大切なご家族を招待する。
おともだちを連れてくる。
スタッフ同士で食べに来る。

今月も素敵な写真集まってきましたね。
と、社長に言うと、
「泣けてくるなぁ」
とホントにジーンときた顔をしていました。

スタッフも大切なお客様。
そしてスタッフ達は
「このメニュー美味しかったからお客さまにオススメしてみよう」
‥etc

食事を楽しみながら仕事のことも考えてくれています。
私も社長がジーンと来る気持ちがよくわかります。

=7月限定のメニューをご紹介!=

レストランHACHIには1ヶ月限定で登場するメニューがあります。

HACHI名取本店には既に40年近い歴史の名物企画の
「月替りハンバーグ」があります。

創業者から伝わる、そしてニッポンの洋食の原点と言える
「創意工夫」の精神はこうしたメニューからも育まれて来ました。

写真のように、本店以外の姉妹店でも1ヶ月限定で登場するメニューがあり、
厨房のメンバー達の研鑽の場になっています。

7月も力作揃いです♪

=テーブルセッティング=

並んでお待ちいただくお客さまから
「席空いてるのにダメなの?」
とご注意をいただくことがあります。

空いた席を片付けて、次のお客さまをお迎えするテーブルセッティング。

お待ちいただいているお客さまの気持ちも想像し、
お客さまをご案内する前に、
キチンと、気持ちよくお食事できる空間を整えてからお迎えしようと、
紙エプロン、ナイフとフォーク、お冷のグラス、そしてメニューブック。

そんなテーブルセッティングを、できるだけ早く整えられるよう心掛けています。

レストランでのお食事がいつの日かの大切な思い出になる。

そんな使命のためにも最善を尽くします。

各店舗