=HACHIのエスカルゴの物語その1=

=HACHIのエスカルゴの物語その1=

第1回 旧仙台ホテルから伝承されたエスカルゴ

エスカルゴの胡桃ソース焼き

 

今のところHACHI長町店だけのメニューですが『胡桃ソースって珍しい』と喜ばれています。
実はコレ仙台駅前にあった老舗「仙台ホテル」にあったイタリアンレストランの名物メニューでした。
その店の最後の料理長が現在のHACHI総料理長の伏見貞夫。
彼が伝えてくれたメニューです。

その物語を3回シリーズでお届けします。

 ◇ ◇ ◇

仙台駅前に「仙台ホテル」というクラシックホテルがありました。
明治29年東北地方初の洋式ホテルとして創業、東北を代表するホテルでしたが、平成21年惜しまれつつ閉館してしまいました。

 

その仙台ホテルの2階に昭和60年開業したイタリア料理店ペルリーノ。

 

イタリア産の大理石(ペルリーノ)を使った壁面、天井にはステンドグラス。
老舗ホテルのイタリアンとしてシックな雰囲気のトラットリアでした。

 

初代の料理長はイタリアから招かれたミノッチョ氏。
仙台ホテルの閉館(平成21年)まで続いたペルリーノのメニューは初代料理長のレシピを忠実に継承したそうです。
仙台の街に25年の長きに渡り、本格的なイタリア料理の文化を伝えてくれた名店でした。

私も大好きで独身の頃、現在の妻を連れて背伸びしたディナーを楽しんでいました。

ペルリーノ最後の第5代料理長だったのが伏見貞夫です。
今から約14年前、「仙台ホテル」は平成21年惜しまれつつ閉館してしまいました。

ホテルの閉館とともに伏見は次の活躍の場をHACHIに求めてきました。
当時45歳、充分なキャリアやポジションをゼロにして…勇気のいる転職でした。

面接で向き合った私にも、
年齢と充分過ぎるキャリアの彼を採用するのは勇気のいる決断でした。

しかし、ここからの出会いでHACHIの料理が進化し、
あのエスカルゴの復活に続きました。

 

レストランHACHI代表 角田秀晴

 

~「第2回 最後の料理長がHACHIへ」に続く~

\ このページをSNSでシェア! /

最近の投稿

=🌸ご卒業・ご入学おめでとうございます🌸=

3月・4月この季節はHACHI各店お祝いの笑顔に包まれていました。

卒業式と入学式です。

写真のように、家族やご友人と
花束や卒業証書を手にご来店頂いていた皆さま。
いかにもピカピカの一年生といった女の子。
入学を喜ぶお父さん、お母さんの笑顔。

記念の日の外食にHACHIを選んでくださりありがとうございました!
HACHI各店の店長が「おめでとうございます」と
ささやかですが、ソフトドリンクをご提供。。。記念の乾杯をして頂きました。

たくさんの笑顔が集まりました(*^^*)

これからの新生活楽しい日々になりますようにと願っています🍀

=4月限定のメニューをご紹介!=

レストランHACHIには1ヶ月限定で登場するメニューがあります。

HACHI名取本店には既に40年近い歴史の名物企画の
「月替りハンバーグ」があります。

創業者から伝わる、そしてニッポンの洋食の原点と言える
「創意工夫」の精神はこうしたメニューからも育まれて来ました。

写真のように、本店以外の姉妹店でも1ヶ月限定で登場するメニューがあり、
厨房のメンバー達の研鑽の場になっています。

4月も力作揃いです♪

=最近のHACHIのオンラインショップ=

HACHIのオンラインSHOPのお客さまは私たちの想像以上に全国的なのです。

仙台旅行でHACHIを知ったとか、
TVでHACHIを知ったなど、
様々な機会から、HACHIのオンラインSHOPをご利用いただいております。

なので、ご利用されるお客様は宮城県以外の方が多く、

オンラインSHOPのメルマガを通して仙台に興味を持っていただく方も少なくありません。

そこで、最近のHACHIのオンラインSHOPで好評なのが
「宮城の名産品コーナー」

宮城の名産品を代表する仙台牛を、
「卒業入学の春、祝いの春に」
と言うSALEが始まっています。
コチラ→ https://x.gd/xHmxt

仙台牛100%ハンバーグ
仙台牛コンビーフ
仙台牛サーロインステーキ肉
‥etc
10%OFFキャンペーンです。

=春風亭与いちと河北新報オンライン=

HACHI創業者のお孫さん
落語家の春風亭与いちさん

本人もHACHIも互いに互いを応援しています。

河北新報の一面に大きな広告!
事前に教えていただいてはいましたが、

実物を見て予想以上の大きさに本社スタッフ一同、朝からびっくりでした。

新聞は紙で読む時代からスマホで読む時代。
そんな習慣のスタッフたちも少なくありません。
与いちさんが宣伝しているのも
河北新報オンラインのサービスです。

新聞という伝統的なメディアの新時代のツールを、25歳と言う若さで古典落語と言う舞台に挑戦する春風亭与いちが宣伝する。。。
広告としても面白いキャスティングですね。

そして、地元出身者を起用してくださる河北新報さんの姿勢が素敵です!
YouTubeでもご覧いただけるようです。
なお、春風亭与いち、地元仙台で今度の落語会の案内は画像をご覧ください。
5/18(土)青葉山公園にできたロケーションの素敵な仙臺緑彩館が会場です。

各店舗