リビング新聞でナポリタン特集

リビング新聞でナポリタン特集

【 仙台リビング4/26号 】

ご家庭に届くおしゃれな情報誌

仙台リビングの最新号(4/26号)の表紙がコレ▼

仙台リビングナポ特集_表紙2014.4

『仙台が誇る3つの名店が伝授』

とありますように、

ナポリタンの有名店がそのレシピ・コツを教えてくれる特集です。

3つの名店とは。。。

喫茶店ナポリタンの代表「タピオラ」さん

生麺ナポリタンの代表「ハミングバード」さん

そして私たちの東京ナポリタン⑧

「3つの名店」に加えていただき「ほっ」としています(^_^.)

 

【 とっておきのレシピ・コツ 】

特集の記事はなかなか読みごたえがあります。

仙台リビングナポ特集_記事2014.4

3店舗の特徴にそれぞれ違いがあります。

麺の太さも3店それぞれ

「1.7mm」「2.3mm」東京ナポリタン⑧は御存知「2.2mm」

炒めの流儀も3店それぞれ

「強火で手早く」「手早く絡める」東京ナポリタン⑧は御存知「しっかり炒める」

私たちも参考になります(*^。^*)

【 取材は 】

東京ナポリタン⑧の取材は一番町店で、店長の大元が対応させていただきましたが、

美人記者の来訪に舞い上がり、慣れない取材に余計に時間がかかっていました

 

2014-04-14 16.06.182014-04-14 16.24.24

東京ナポリタン⑧一番町店の場所は⇒

https://www.maido-8.com/napolitan-sakurano/map/

記事は仙台リビングのホームページからも読めるようです。

こちら⇒

https://www.sendailiving.jp/backnumber/index.php?action=ebook&ebook_id=1

 

 

 

 

最近の投稿

=テーブルセッティング=

並んでお待ちいただくお客さまから
「席空いてるのにダメなの?」
とご注意をいただくことがあります。

空いた席を片付けて、次のお客さまをお迎えするテーブルセッティング。

お待ちいただいているお客さまの気持ちも想像し、
お客さまをご案内する前に、
キチンと、気持ちよくお食事できる空間を整えてからお迎えしようと、
紙エプロン、ナイフとフォーク、お冷のグラス、そしてメニューブック。

そんなテーブルセッティングを、できるだけ早く整えられるよう心掛けています。

レストランでのお食事がいつの日かの大切な思い出になる。

そんな使命のためにも最善を尽くします。

=お冷のボトル=

テーブルに登場すると「可愛い」
と、写真を撮っていただく方も少なくありません。

お食事をご一緒するお相手のグラスにお水を注ぐ。
グラスが空くとお水を注いでもらう。

テーブルの上に
「どうぞ」「ありがとう」
と言う声が交差します。

お水だけど「カンパイ」しちゃう。

お互いのおもてなししあう気持ちを、
ボトルとグラスを通して伝え合う。

レストランでのお食事がいつの日かの大切な思い出になる。

ボトルとグラスもそんな役割を担っています。

=綺麗に美味しく=

伝票入れ?‥と間違えられますが
Trash 缶=くず入れです。

使い終わった紙おしぼりの袋。
お口を拭いたナプキン。
お食事中に出てしまうゴミ。

このTrash缶へ入れてください。

テーブルの上もより美味しい空間に 
と、HACHI各店で最近、始めてみました。

外食の時間は、ひとりでも、誰かとでも、
それがいつの日かの大切な思い出になる時間。

だから、テーブルの上もより美味しい空間でお楽しみいただきたいのです。

=6月限定のメニューをご紹介!=

レストランHACHIには1ヶ月限定で登場するメニューがあります。

HACHI名取本店には既に40年近い歴史の名物企画の
「月替りハンバーグ」があります。

創業者から伝わる、そしてニッポンの洋食の原点と言える
「創意工夫」の精神はこうしたメニューからも育まれて来ました。

写真のように、本店以外の姉妹店でも1ヶ月限定で登場するメニューがあり、
厨房のメンバー達の研鑽の場になっています。

6月も力作揃いです♪

各店舗