黒板から紹介するシリーズ「味噌」

黒板から紹介するシリーズ「味噌」

 
 黒板から紹介するシリーズ
「味噌」です。

HACHI各店でよくお褒めの言葉をいただくのは、
『お味噌汁が美味しい』

どこのお味噌ですか?と聞かれることも多いのです。
張り切ってお答えしています、
登米市にある「ヤマカノ醸造」さんです、と。

けれど、ヤマカノ醸造さんのお味噌、
仙台市内の食料品売り場であまり見かけないことが歯がゆいのです。

そこで少し宣伝を。。。

県内の醸造元同士で毎年行われる「仙台味噌鑑評会」
ヤマカノ醸造さんは難しいと言われる連続優勝を
過去に繰り返し受賞しています。


写真のように私たちHACHIのスタッフも登米市の
工場には何度も見学で訪問しています。
「誠実」「実直」醸造元の皆さんのキャラクターを言葉にすると、
その2つだなぁといつも感心しています。

HACHIとヤマカノ醸造さんとのお付き合いは実は創業前から。
創業者故角田昭八はHACHIの独立開業前の仙台市内の洋食レストラン
勤務時代からこのヤマカノ醸造さんのファンでした。
自然と、お店を開業する時から使わせていただいております。

ですから私などはお味噌イコールヤマカノさんのお味噌で育ちました。

写真のハンバーグはそんなヤマカノ醸造さんとの
長いお付き合いを現す名物ハンバーグ。


「仙台味噌バター仕立てハンバーグ」
お味噌汁だけではなくハンバーグにも使わせていただいております。

(レストランHACHI代表 角田)

最近の投稿

=新米登場=

HACHI店内の黒板やメニューブックには「めだかっこ米」と自慢気に書かれています。

本当に自慢のお米なのです。

=閖上のHACHIおかげさまで一周年=

閖上のHACHI、おかげさまで明日10/3で一周年です。

名取市の施設、サイクルスポーツセンターも開業から一年です。
閖上の街の震災復興を象徴する施設、そして交流人口を促進する施設として期待された名取市サイクルスポーツセンター。私たちHACHIもそこに貢献するために出店をしました。

=第3のラーメン=

鶏塩中華そばハチ花乃、洋食レストランHACHIから生まれたラーメンとしてもうすぐ2年。県庁裏の目立たない路地でお昼は女性が列を作ることも多いラーメンは、「鶏塩淡麗」が一番人気。そして、コッテリ系ではない身体に優しいコラーゲンたっぷりの「濃厚鶏白湯」の二枚看板でした。
10月1日(金曜)いよいよ第3のラーメンが登場します。

=累計四万本=

9/13(月)の東日本放送のナマイキTVはHACHI長町店からナマ中継でした。コロナ禍、レストランの味をテイクアウトで楽しむ!と言う内容でした。レポーターさんもスタジオの本間ちゃんも驚いてくれたのがこれ。

各店舗