HACHIのこだわり

伝統のハンバーグ

角田昭八のこだわり ”焼き上げの難しいやわらかなパティ”

牛肉7:豚肉3の合挽き肉、たっぷりのタマゴの使用、醤油など 日本人好みの味付けで出来上がる独特のふっくらふわふわのハンバーグ。 1979年の創業以来300万人以上に愛されてきたハンバーグです。
伝統のハンバーグ(デミグラス)

牛肉7:豚肉3

牛肉7:豚肉3の合挽肉き肉を使用しています。
写真は塩揉みという工程です。牛肉、豚肉、それぞれの塩分配合で行います。
創業者はハンバーグの美味しさは牛肉100%よりも適度な豚肉の柔らかさが日本人に合うという信念でした。
ハンバーグのこだわり1
たっぷりのたまご
創業者角田昭八のこだわりはこの「つなぎ」です。
たっぷりの卵の量、本当にたっぷり使います。ですから焼き上げる前の生のパティの状態は「ハンバーグらしくないやわらかいパティ」となります。つなぎにはこの他、じっくり炒めた玉ねぎ、スパイスには醤油、にんにく、お酒など独自の調合で仕上げます。
ハンバーグのこだわり2
独特の柔らかなパテ

仕上がったパティはごらんのようなやわらかさ。
「焼き上げの難しいパティ」―厨房のスタッフが一人前にHACHIのハンバーグを焼けるようになるには、このやわらかいパティと闘わなければいけないのです。

ハンバーグのこだわり3

ふっくらフワフワ

このパティの両面を高温でバリッと焼き上げて、オーブンでゆっくり火を通したら、自慢のデミグラスソースや個性豊かなアレンジでお皿の上に仕上げます。
焼く前のあのやわらかさがウソのように表面はしっかり焼きあがり、中からはオリジナルのつなぎが生み出したジューシーな肉汁があふれます。

ハンバーグのこだわり4